劇場版『名探偵コナン』の題名は英語で?【コナン映画で英単語を学習】

アニメで英語

劇場版『名探偵コナン』の題名は、英語で何というでしょう?
コナン映画、全作品の英語タイトルをまとめました。

また、それぞれの英題に用いられている英語表現や英単語について、簡単な説明も載せています。
皆さんの英語学習にもお役に立てれば嬉しいです。

時計じかけの摩天楼

The Time-Bombed Skyscraper

skyscraper : 摩天楼

摩天楼は「天を摩するほどの」超高層ビルのことです。
skyscraper という英語の訳語だそうです。

scrape : 〜をこする

「空をこする」をかっこよく訳すと、
「天を摩する」と言うわけですね。

「楼」は高い建物のことです。
飲食店や旅館などで見ませんか?

どんな skyscraper かというと、
time-bombed な skyscraper です。

time bomb と名詞で使うと「時限爆弾」ですが、
ハイフンでつなぎ、 ed で 終わらせ過去分詞になっている、
つまり形容詞としての働きをしていますね。

14番目の標的(ターゲット)

The Fourteenth Target

そのままですね(笑)

ここから、コナン映画の特徴とも言える、
タイトルの漢字の英語読みが始まりました。

世紀末の魔術師

The Last Wizard of the Century

この訳、好きですねぇ。

「(その)世紀の最後の魔法使い」
という感じでしょうか。

wizard : (男の)魔法使い

女性は witch です。

この作品はタイトルの回収がきれいですね。
「バルシェ、肉買ったべか」
……なんでもないです。

瞳の中の暗殺者

Captured in Her Eyes

これも好きな訳です。

capture : 〜を捉える

過去分詞なので、「捕らえられた」「捕らえられている」
といった受け身の意味ですね。

「瞳の中」とは、蘭が目撃したということですから、
in her eyes です。his でも the でもなく、 her なんですね。

暗殺者というと、 assassin という単語が浮かびますが、
英題には使われていません。

天国へのカウントダウン

Countdown to Heaven

そのまま!(笑)

ベイカー街(ストリート)の亡霊

The Phantom of Baker Street

phantom : 幻、幽霊、お化け、幻覚、錯覚

このタイトルを見ると、
The Phantom of the Opera
を思い浮かべずにはいられませんね。

『オペラ座の怪人』です。

『スター・ウォーズ』シリーズをご存知の方、エピソード1の副題は、『ファントム・メナス』ですね。
phantom menace は、日本語だと「見えざる脅威」と訳されます。

迷宮の十字路(クロスロード)

Crossroad in the Ancient Capital

Ancient Capital は「古都」「旧都」といったところでしょうか。

ancient : 古代の

capital : 首都

舞台である「京都」のイメージが浮かびにくい外国人にも伝わるようにでしょうか。

迷宮の英語は labyrinth が思い浮かびますが、これを用いずに表現しています。

銀翼の奇術師(マジシャン)

Magician of the Silver Sky

「銀翼」は飛行機の翼のことです。
英語タイトルでは、 silver sky という言葉を使っています。

silver sky では「銀翼」の意味は表さないようなので、これは意訳ということになるでしょうか。

例えば、 silver wings と訳しても、「飛行機」の意味にはならないのでしょうね。
(※間違っていたら、ご指摘ください。)

水平線上の陰謀(ストラテジー)

Strategy Above the Depths

かっこいい訳ですよね!

strategy : 戦術、戦略

「陰謀」という日本語の直訳としては、
plot, conspiracy, intrigue, scheme
などがありますが、どれも難しいですね…

above : 〜の上に

depth : 深さ

depth は deep 「深い」(形容詞)の名詞です。
ここでは、 depths と複数形になっています。
「深いところ」、「最深部」といったところでしょうか。

探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)

The Private Eyes’ Requiem

private eye : 探偵

「探偵」というと detective という単語が浮かぶ人が多いと思います。

アニメ本編だと、安室透が初登場のエピソードで、メガネを取るシーンで「プライベート・アイ」と発言していたと思います。

eyes’ は複数形の所有格ですね。
複数形の s の後には、 ’s の s を書かないというルールがありました。

requiem : 鎮魂歌

レクイエムはカタカナで使う用語ですね。

紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

Jolly Roger in the Deep Azure

azure : 空色、淡青色

「紺碧」は黒味を帯びた紺色のことです。

deep blue とせずに、azure という単語を使っているところがオシャレですね。

戦慄の楽譜(フルスコア)

Full Score of Fear

音楽をテーマにした作品ですね。

日本語のタイトルは、「旋律」と「戦慄」が掛けられています。

fear : 恐怖感、おびえ

「旋律」は英語では melody です。

score : 総譜

全てのパートをまとめた楽譜のことを「総譜」と呼ぶそうです。
score 一単語でも良いみたいですが、 full score とも言うそうです。

漆黒の追跡者(チェイサー)

The Raven Chaser

chaser : 追撃者

chase は「追いかける」「追跡する」の意味です。

raven : 真っ黒な

「漆黒」を表す単語は他に ebony があります。

raven は、名詞で「ワタリガラス」「オオガラス」の意味です。

「黒ずくめの組織」のことを本編で、宮野明美は「カラスのような黒い服」と表現していました。
まさにぴったりの単語ですね。

天空の難破船(ロスト・シップ)

The Lost Ship in The Sky

そのままですね。

「天空」という言葉はいかにも日本語らしい、というよりも中国語から来ているのでしょうか、偉大さを感じさせる言葉ですが、英語タイトルでは sky です。

沈黙の15分(クォーター)

Quarter of Silence

「15分」と書いて「クォーター」と読ませる、もう何も怖いものはありません(汗)

quarter は「4分の1」で、時間の意味で使えば「15分」ですね。

silence は「沈黙」で、silent の名詞ですね。

11人目のストライカー

The Eleventh Striker

そのままです。

「ストライカー」は、サッカーの用語で、チームで最も攻撃力や得点力がある選手のことを指します。

絶海の探偵(プライベート・アイ)

Private Eye in the Distant Sea

private eye がまた出てきました。

distant : 遠い

distance は名詞で「距離」ですね。

異次元の狙撃手(スナイパー)

Dimensional Sniper

dimensional : 〜次元の

たとえば three-dimensional は「3次元」、「3D」です。

dimension が名詞で「次元」ですね。

sniper : 狙撃兵、狙撃者

snipe が動詞で「狙撃する」ですね。

業火の向日葵

Sunflowers of Inferno

inferno : 地獄、地獄絵図、灼熱

ぴったりの訳ですね。

純黒の悪夢(ナイトメア)

The Darkest Nightmare

nightmare : 悪夢

『漆黒の追跡者』と同様、黒が使われていますが、こちらは darkest というように、dark の最上級が使われています。
nightmare を修飾する言葉として、良い選択ですよね。

から紅の恋歌(ラブレター)

The Crimson Love Letter

唐紅は濃い紅色です。

百人一首に収録されている、在原業平が詠んだ歌では、竜田川を紅葉が染めた色として表現されています。

crimson は威厳を感じる、かなり強い印象のある単語のように思いますが、どうでしょう。

「恋歌」の「歌」は当然、「和歌」ですが、「ラブレター」だけだと、ニュアンスを出すのが難しいですね。

ゼロの執行人

Zero the Enforcer

enforcer : 執行者、警察官

enforce は「〜を施行する」です。

「執行する」の直訳としては、 execute が思い浮かびます。

the の使い方がかっこいいですよね。
同格の the と呼べるでしょうか。

『ベイカー街の亡霊』に登場する、Jack the Ripper (ジャック・ザ・リッパー)もそうですよね。

紺青の拳(フィスト)

The Fist of Blue Sapphire

fist : 握りこぶし、げんこつ

「紺青」は鮮やかな青色です。

英語にすると Prussian blue や deep blue といったところでしょうが、やはり作品としては「ブルーサファイア」がぴったりですね。

緋色の弾丸

The Scarlet Bullet

新作のタイトルがとうとう発表されましたね!楽しみです!!

scarlet : 緋色、緋色の

スカーレットは、緋色(ひいろ)、深紅色といった色ですね。

bullet : 弾丸

コナン好きの方なら、「シルバーブレット」という言葉が連想されますね。
作中ではコナンや赤井を指す言葉です。

コナンでは「緋色シリーズ」と呼ばれる、赤井秀一の謎が判明する話がありますね。
特に、「緋色の帰還」はファン待望の展開となった名作です。

タイトルのモチーフは、シャーロック・ホームズシリーズの最初の作品、『緋色の研究』です。
原題は “A Study in Scarlet” です。

参考 『名探偵コナン 緋色の弾丸』の読み方・意味・英語タイトル

おわりに

普段何気なく見ている『名探偵コナン』の英語タイトルでも、新しく学べる英単語があるのではないでしょうか。
これからも楽しく英語に触れていけたら嬉しいです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました