新海誠監督作品のサブタイトル・英語の題名

新海誠監督作品のサブタイトル・英題を紹介します。
また、それぞれの英語の表現を見て、学習をしていきます。

新海誠監督作品のサブタイトル・英題

『君の名は。』や『天気の子』で時の人となった新海誠監督。
アニメが好きな方でしたら、『秒速5センチメートル』から、もっとアンテナの高い方は『ほしのこえ』の頃から既に知っていた、などという方もいらっしゃるかもしれません。

新海誠監督の作品の題名は、英語のサブタイトルが付いているものが多いです。
また、それぞれの作品は海外に向けて英題が付けられていますが、サブタイトルと英題は似ているものもありますが、異なるものです。
この記事では、サブタイトルと英題の両者を比較しながら、英語の表現に触れ、学習をしていきます。

『ほしのこえ』


ほしのこえ
(リンク先はAmazonです)

サブタイトル:The voices of a distant star
英題:Voices of a Distant Star

新海誠監督の名前を世の中に知らしめた、初の劇場公開作品です。
宇宙を舞台にした世界観が魅力的です。

distant : 遠い

ただの星ではなく、”distant star”(遠い星)ですね。
distance だと名詞で「距離」ですね。

『雲のむこう、約束の場所』


雲のむこう、約束の場所
(リンク先はAmazonです)

サブタイトル:The place promised in our early days
英題:The Place Promised in Our Early Days

初の長編アニメ作品です。
とても綺麗な作品です。

“the place promised” ですから、「約束された場所」ですね。
“in our early days” は「幼い頃」といった感じでしょうか。
映画のストーリーを考えると、納得するサブタイトルですね。

日本語を直訳すると、”Beyond the Clouds, the Promised Place” となります。

『秒速5センチメートル』


秒速5センチメートル
(リンク先はAmazonです)

サブタイトル:a chain of short stories about their distance
英題:5 Centimeters per Second

桜の花の落ちるスピードですね。
この作品をきっかけに、新海誠監督の美しい作画を知った方も多いでしょう。

サブタイトルは、「彼らの距離についての一連の短編」といった意味ですね。

chain は「鎖」です。カタカナでチェーンと言いますね。
a chain of 〜 で、「一連の〜」です。

英題は日本語と全く同じですね。

『星を追う子ども』


星を追う子ども
(リンク先はAmazonです)

サブタイトル:Children who Chase Lost Voices from Deep Below
英題:Children Who Chase Lost Voices

ジブリに近い雰囲気の作品ですが、ぜひ毛嫌いせずに見ていただきたい作品です。
切なくて、とても素敵です。

サブタイトルは、「下深くから失われた声を追いかける子供たち」といった感じでしょうか。
below は「下」です。辞書を引きたい単語です。

日本語を直訳すると “Children Who Chase Stars” となります。

『言の葉の庭』


言の葉の庭
(リンク先はAmazonです)

サブタイトル:(なし)
英題:The Garden of Words

雨の描写が美しい作品です。
万葉集をテーマにし、話も美しいですね。

サブタイトルはありません。

「言の葉」というニュアンスを英語に訳すのは難しいなと思います。

『古今和歌集』の「仮名序」に、
「やまとうたは人の心を種としてよろづの言の葉とぞなれりける」
(和歌は人の心を種としていろいろな歌となった)
とありますね。

『君の名は。』


君の名は。
(リンク先はAmazonです)

サブタイトル:your name.
英題:Your Name.

説明不要の有名作品ですね。

句点(。)はピリオドで表しています。

映画ラストの「君の名前は」というセリフは、英語吹き替えでは “Can I ask you your name?” となっています。
そういう意味でも “your name.” と、小文字で始めてピリオドで終わらせる、文の途中のように感じるサブタイトルは素敵だと思います。

『天気の子』


「天気の子」Blu-rayスタンダード・エディション

サブタイトル:Weathering With You
英題:Weathering with You

こちらも説明不要ですね。

ひとひねりした題名ですね。
ここでは、weather を「困難を乗り越える」という意味で使っています。
「天気」の weather と、見事に掛け合わされていますね。

英題の “with” は、前置詞は小文字で書くというルールに則っています。
しかし、”With”と大文字で表記している例もたくさんあります。

直訳すると、”Child of Weather” となりますね。

新海誠監督の最新作『天気の子』 『君の名は。』でお馴染みの新海誠監督の最新作。 『天気の子』 (画像のリンク先はAma...

新海誠監督作品を無料で見る

Amazonプライム会員は、以下の新海誠監督作品が無料で視聴できます(記事更新日2020年1月18日現在)。

・『雲のむこう、約束の場所』
・『秒速5センチメートル』
・『星を追う子ども』
・『言の葉の庭』

まだプライム会員でない方は、無料体験が可能です。
無料体験期間中に退会すればお金もかからないので、興味をお持ちの方は、この機会にぜひどうぞ。

Amazonプライムの詳細を見る

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告