【おすすめ】香港・マカオの安くて速いプリペイドSIMカード!China Unicom(チャイナユニコム)をレビュー

海外旅行

香港・マカオの両方で使える、「China Unicom(チャイナユニコム)」のプリペイドSIMカードをレビューします。

こんな人にオススメの記事です。

  • 香港・マカオの両方で使えるプリペイドSIMカードを探している方
  • 日本で先にSIMを受け取りたい方
  • 「China Unicom(チャイナユニコム)」のプリペイドSIMカードのレビューを見たい方

2019年10月1日〜10月4日に香港・マカオに旅行しました。

余談ですが、10月1日は香港の国慶節で、ちょうどデモも行われていました。
その日ばかりは遠くへの移動は控えましたが、翌日からは問題なく観光ができました。
状況は日に日に変化していると思われます。渡航の際はくれぐれもご注意ください。

外務省のサイトで、香港の「危険レベル」を確認できます。

外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。

私がSIMを選ぶ際に読んだサイトです。

結論:香港のSIM。自分で設定ができないなら空港で買え。設定できるならさっさとAmazonで買え (2019年2月版)
(最終更新2019年2月)香港では、キャリア(CSL、中国移動香港、チャイナユニコム香港、3HK)がプリペイドのSIMを売っていて、旅行者はこれを買う、というスタイルです。街中でも空港でも購入できます。私、深水埗の鴨寮街でSIMを買ったり、

非常に詳しく書かれています。

SIM選びに悩みに悩み、多くの時間を費やしてしまいました。
「China Unicom(チャイナユニコム)」のプリペイドSIMカードを選んで、とても良かったと思っているので、この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

「China Unicom(チャイナユニコム)」のプリペイドSIMカードのレビュー

香港・マカオを3泊4日で、こちらのSIMを購入しました。

非常に快適に使えました。

日本語の説明書付きで、心配不要です。

商品タイトルには「3GB」とありますが、商品ページに「1GB」の表記が混在していて、それが少々不安でしたが、きちんと「3GB」のものでした。

パッケージに追加の「2GB」の文字が記載されていました。
1GB + 2GB = 3GB ですね。

かわいいデザインです。

私はiPhone7を使っていますので、nanoSIMのサイズで切り取りました。

切れ込みがあり、簡単に外せました。

機内でSIMカードを差し替え、香港国際空港に到着したらiPhoneの電源をオン。

すぐに現地の回線につながりました。
特に設定は不要でした。

SMSが届くと、慣れないうちは何事かと思いますが、無事につながった証です。

マカオにはフェリーで行きました。
海上で、マカオに近づくとSMSで通知が来ました。

こちらも問題なく接続されました。

「4G」ではなく「LTE」と表記されていますが、調べた限り、あまり違いはないようです。
速度も通常の使用には何の問題も感じませんでした。

念のため、通信量の節約として行ったことはこちら。

  • YouTubeなどの動画の視聴は外出時は控え、ホテルのWi-Fiで。
  • Googleマップは香港一帯を事前にダウンロードし、オフラインでも閲覧できるように。
  • 使わないアプリはデータ通信をしないように設定。

その代わり、Webページの閲覧やGoogleマップの使用は思う存分に行いました。

それで、1GBに満たない程度。
もっと贅沢に使えるなと感じました。

今回のSIM選びの基準はこちら。

  • 香港・マカオの両方で使える
  • Amazonでレビューが多く、安心
  • なるべく安い
  • データ通信のみ
  • WebページやGoogleマップを見るのに十分な回線速度
  • 3泊4日に十分なデータ量
  • 通話はあれば便利だが、不要

香港・マカオのSIM選びに悩んでいる方に、お勧めします。
「China Unicom(チャイナユニコム)」のプリペイドSIMカード、良かったです。

ちなみに、同じキャリアのSIMで、他にもたくさんの種類があります。

  • 通話もできるもの
  • データ量がより多いもの
  • 中国本土でも使えるもの

目的に応じて、探してみてください。

私は、「万が一使えなくても、空港で別のSIMを買えば良いかな」くらいに思っていましたが、結果的には文句なしのSIMでした。

空港に到着してからも、SIMは簡単に手に入りますが、事前に持っていると、手間も少なく安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました